今年の原動力

今週の大江釣行はお休みなので、今回はタックルネタで更新しまーす(^^ゞ




よしんこの今年の原動力。ビッグバド。現在5月から8連続釣行キャッチ中!
前回の50を含め、すでに16本ものバスをバドでキャッチ出来た。




結果はともあれ、今シーズン、なんと言っても一番良かった事は、自信を持って使えるようになったことである。




IMG_20130719_22173290 (640x360)
現在この2個のバドでやってますが、ブレードがボディと接触してる場所が削れまくり。それだけ接触して音が出てる証拠である。しかも際どいキャストで護岸などにぶつけることも多く、ヒートンもすぐ曲がってしまう。
曲がったヒートンはあまり曲げて直そうとすると折れてしまうので、早めに抜いてそれを新品に交換して刺し直した方がいい。




IMG_20130719_221614212 (640x360)
「いや~んw」これはお尻の部分である。




またもやバドの補充である。消耗品であるバドをかき集めた。




またまた何故わざわざ面倒くさいエイトカン仕様を選ぶのか? その答えは・・・




ヒートン仕様は上方にブレードが付いている。その結果チューニング要らずでボディとの接触音が大きいとされる。一般的に釣れる秘訣とされる。




しかしそれ以外にも問題はある。そう、フックである。アメリカンルアーはお世辞にも刺さりのいいフックが標準装備されてるとは言い難い。




ヒートン仕様はフックにスプリットリングがなく、フックと直結である。対するエイトカン使用はスプリットリングを挟んでフックが付いている。




当然可動範囲が広いスプリットリング仕様の方がフッキングもよくバレにくい。スプリットリングを2連結するチューニング方法もあるくらいだ。




よしんこはそこまで釣り込んでいないので、スプリットリングでのフッキングの違いは分からないが、フックを交換出来るメリットは大きい。




IMG_20130719_221841650 (640x360)
今日はもう遅いのでやらないが、この3つのバドを今までのようにヒートン斜め刺し、ハンマードタイプブレードに、フックをがまかつTREBLE RBに交換して実戦に挑む。




上流域が熱くなるハイシーズン。ますますバドの活躍が期待できそうである。。。





テーマ : バスフィッシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

よしんこ

Author:よしんこ
2017年スタート!!
初バスは50アップをキャッチ(*^^)v
今年もいろいろなフィールドで楽しみます♪

ツイッターもやってます♪ @yoshinko_bass
ブログにアップしてない画像や、釣行時のリアルタイムなつぶやきがありますよw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
アブガルシア
アブガルシア
OFFICE ZPI
ZPI”
アベイル
アベイル
SHIMANO
EVERGREEN
エバーグリーンインターナショナル
釣りビジョン
釣りビジョン (75x52)
「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」
「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」 (125x40)