6/25 庄内川水系夕方勝負(;´Д`)

最近忙しい事もあり、久し振りの更新スマソ。今日半休だったので夕方から庄内川水系行ってきた。




6月ももうすぐ終わり。今日で2回しか釣りに行ってない(>_<)
いちばん日が長い夏至も過ぎてしまった。




大江に比べかなり近いご近所フィッシング。S川水系&庄内川。
去年の夏頃から開拓してバスも釣れた。しかし仕事のある日には朝練・夕練一度も行けてない。




日が長い今こそ、そのつもりになれば行けない事はないが、自転車を積まなければならない事、朝の日焼け対策の日焼け止めクリームを塗る、ワイシャツ・スラックスに着替えなければならない。あまり汚くして出社できないと、課題は多い。




じゃあ夕練が一番と思いきや、そんなに早くは終われない。
何が言いたいかと言うと、要するに近くても休み以外にはなかなか行けないと言う事ですw




20150625_153149 (480x640)

昼過ぎに家に戻り、遅めの準備。スースタ・スティード2本を積む。
今日は風が強い。3/8ozのコンパクトスピナーベイトが欲しいのでイシグロへ・・・
スーパーイラプションjr.を1個買った。




皆さんはスピナーベイトと言うルアーに対して、どういう印象がわきますか?




「風が吹いたらスピナーベイト」 ←バサーなら誰でも知ってる名言ですよね♪
実際にそういう条件下で貴重な1本をもたらしてくれたりする。




自分は多用する方じゃないですが、印象はサイズ問わず、ここぞと言う時に1本魚を連れて来てくれるルアーだと思ってます。
水面直下でモンドリアンってのもかなり気持ち良い出方(^-^)v




サイズ問わずと書きましたが、小さくても大きくても印象に残るというか、記憶に強く残る魚が釣れるんです。
今日は1本しか釣れなかったけどスピナーベイトだったとか・・・




大江川で初めて釣った50upはスミスのウィードマックスだった。(そんなルアー知らない?w)
雨の警察署裏。ドシャローでクリSに食って来た51cm。ゴリ巻きながら口元のブレードが回っていたのは今でもはっきり覚えています♪




5/25の庄内川でもビッグフィッシュには痺れました(・∀・)




今日もそのスピナーベイトで記憶に残る魚を獲るべく向かったのは庄内川下流域。
タイドの影響があるお馴染みのエリア。今日は長潮。干潮が17時56分。




4時過ぎに到着したが、ここでよしんこ大きな誤算Σ(゚Д゚;)
干潮の2時間前に行けば、浅く岸に降りられると思っていた。しかし実際はまだ乱グイも顔を出していないorz




上からでは草ボウボウでさすがに無理。待てば水位は下がるであろう。
しかしそこで潮が引くまで待つのも嫌だ。




結局、駐車場には降りず、そのまま堤防を車で通過。万場大橋でUターンorz
再び堤防道路を上流へ。最悪パターン。




20150625_171008 (480x640)

結局スタートは5時過ぎ。S川水系から。夕練にも人気ポイント。
ここはビッグバド。時折見えるバス。しかしただ逃げるだけ。
以前よりかなりバスがナーバスになってる感じだ。フォローにハートテールテキサス。




5時半過ぎ、庄内川に移動。前回デカバスを仕留めた新川中橋⇔庄内川橋間だ。




20150625_172721 (640x480)

折り畳み自転車投入!!w
先ほど買ったスーパーイラプションjr.3/8oz
1本勝負!((ノ゚皿゚)ノ




20150625_173010 (640x480)

お約束の画像。水質はクリアに近い。
しかし5月下旬に比べ、このストレッチもウィードの群生が凄く、ナベでも巻きにくい環境に変化していたorz




20150625_173907 (640x480)

20150625_174005 (640x480)

侵食で崩れてます((( ;゚Д゚)))ガクブル




20150625_180149 (480x640)

このひょろ長い草状のウィードがかなり多い。しかし条件の良い所にはキンギョモやカナダモも確認できる。
しかし今日は風が強めなので表層に魚っ気がない。




そのウィードのせいで岸際をナベで上手く巻けない。ナベに絡まるウィード。
フラストレーションがたまる。ノーバイト。




去年の8月に初めてここを攻めたが、その時でもこのウィードなんてなく攻めやすかった。
その年によって変わるのかな?




いつもだったら魚の薄い庄内川でも、サイズを問わなければ魚は見れるんだが・・・結局バスの姿さえも見れなかった。




6時半頃、時間もないのでまた先ほどのS川水系に戻り、バドで護岸沿いの黄金ストレッチを・・・
足元近くまで巻いて見に行ってみると案の定、50cmほど離れたところに40クラスのチェイスorz
チェイスなら以前からある。この先がなかなか食わない。




ストレッチは浅いので、奥まで行くと基本的にポイントは潰れてしまう一発勝負。
その後は周辺のオープンウォーターをナベ・ハートテールを絡め投げまくるがバイトなく7時20分終了となった。




NBNF。ワンチェイスはあったが、6月はまだ一度もバス釣ってない。
好きな季節なのに。まあ仕事等忙しく回数行ってないのもあるけど・・・




都市型河川。簡単じゃないね。でもウィードなど課題も分かったし、諦めず何とか打開策を打って出たい。
でも次回はやはり大江川水系か養老水系行きたいね。行かなきゃ釣れないからねw




今日も試練を与えてくれた都市型河川に感謝(^^ゞ





テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

6/12 大江川レインゲーム

東海地方も梅雨に入って数日が経った。本日の釣行はどこにしようかかなり迷った。
大江川・五三川・庄内川水系?




前日からまとまった雨が降った事もあり、向かったのは結局大江川。5/29以来の釣行だ。
雨の影響が活性にどう影響するか?プラスであると信じてバドをリグる。




というか、よしんこの朝イチの駒はこれしかないというのが本音。
しかし実は雨の実績は皆無。去年一昨年とバドでたくさん釣って来たが、雨は実績がないorz
自分でも、雨粒は表層のバドの引き波やサウンドアピールがダウンすると思う。




しかし朝イチ。可能性を信じてバドをキャストする。
大江に向かう道中は雨。途中でカッパに着替え到着。4時半頃、西大江川城跡橋付近から開始。
奇跡的に到着すると雨が止んだ♪




水温は22℃。思ったより低い。雨の影響で5/29より低い。
高い水位。気になる濁りはほぼなし。無風のコンディション。




お気に入りストレッチをサーチ開始するも、直後2人連れのバサーがポイントに入って来た(;゚Д゚)
橋の上から覗いてルアーをキャスト!橋の下でよしんこは投げてるのに(#゚Д゚)・・・




(略)




20150612_044323 (640x480)

ポイントはまだある。立ち上がり、今日はいつもより人は少ない。
その周辺、警察署裏北岸ベント部、上流部をバドでサーチ。




20150612_051352 (640x480)

しかし開始30分ほどで、折角止んでいた雨がまた降り始め、とうとう本降りとなった。
やはり雨の影響か?バドでのバイトはない。と言うか表層に魚っ気がほとんどない。 




何でもかんでもバドを投げればいいってもんじゃないが、やはり水面下にスローダウンした方が良さそうだ。
と言う事で伝家の宝刀Bパカクロー直リグにシフト。




スーパー裏、スギ薬局、出光付近などをランガン。しかしこれにもノーバイト。
最初はバッティングしたが、さすがにバサーは少ない。



20150612_063123 (480x640)

中江川に移動。水位は高めで良さげ♪ 
バドを捨てきれず迷いの中、投げる。バド・SRミニ・伝家の宝刀などをローテ。
最上流から中流域もノーバイト。




大江川最下流域もチェック。ここはリップライザーにすべてを掛ける。
バイトなし。某ピンスポットにはベイトがびっしりΣ(゚Д゚)
スーっと40弱のバスが1本逃げて行った。しかしここは木や草も生え、年々撃ちにくくなっている。




最奥に期待したがバイトなし。しかも最下流の水門を開けたようで流れ始めて来た。
排水だ。乱グイに流れのよれが出始める。




時間は8時頃。モーニングバイトは逃した。この頃からようやく雨が上がった。
今日は11時頃までしかできない。何とかバスの顔を見たい。




中江川最下流をチェック。カバーに伝家の宝刀を落とし込むもバイトなし。
おまけにここも古い排水機場がキーキーと排水を開始したorz




周辺水路に移動。もちろんバド。去年もこの時期から釣れだしている。
しかしバドにバイトなく時間だけが過ぎる。




雨は完全に止んだようだ。曇り空で全くの無風。正直釣れる気がしない。
ポジティブなよしんこは完全に姿を消したorz




20150612_084847 (640x480)

大江川辛亥橋下流に移動。ブレイク付近を伝家の宝刀で。ノーバイト。
時々だが、ようやく護岸際にギルが見られる。




20150612_094633 (640x480)

20150612_094648 (480x640)

最後は中江川最上流域。ビッグバッツのクランキングに懸けたが、何の見せ場もなく11時になり終了。
久し振りの大江川レインゲーム。天候の変化にアジャスト出来ずNBNF。




大江水系で2/17以来久し振りのノーフィッシュを喰らった。




車は水たまりの泥を跳ねドロドロ。汚れた車内にルアーやカッパが散乱。
慣れない長靴でつま先が少し痛くなった。なんか疲れましたw




ブログやってるのでどうしても去年などと比較してしまうが、去年よりバドの釣果も全然少ない。
気になるのは中江川の釣果の低さ。去年と比較にならない。
これは単に結果を言ってるのであって、理由ははっきり分かりません。




仮に夕方までやっていても、恐らく今日は釣れてないだろうw タラレバはナシだけどね。




まあこれも実力不足かな?もっと釣れるようになりたいけどこればっかはしょうがないかなw
あまり言い訳ばかりも見苦しいからこの辺でw 次回また頑張りまーすo(^-^)0




でも坊主ブログ更新は辛い・・・w
内容も釣れてないのも手伝い、全く面白くない内容スマソ。雨だったんで画像も少なめです。




今日も試練を与えてくれた大江川・中江川に感謝(^^ゞ





テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

同じバスを釣ったことがあるか?

先ほどブログのアクセス回数が20万を突破しましたΣ(゚Д゚)
2013年から始め3年目。皆さんのおかげでここまで来れました♪ 改めて感謝します(´∀`*)




今シーズンを振り返ると冬は絶好調。4月はちょっと調子を落としましたが、5月バドでもキャッチでき、庄内川でようやく満足サイズが獲れた。これから波に乗りたい所ですね。




と言いたい所ですが、今週の休みは他の予定が入っており、釣行はお休みです。
また来週ですね。どこにしようかはまだ考えてません。




さてブログタイトルの本題。「同じバスを釣ったことがあるか?」
ブログを開設して3年目だけどもう3度もある。




まずはこれ、中江川、2013年5月21日と同年6月12日。42cm。

IMG_20130521_07424112 (360x640)

IMG_20130612_06132257 (360x640)

IMG_20130521_07454764 (640x360)

IMG_20130612_061802460 (640x360)

しかも両方ビッグバド。バド好きなんですねぇw
100mほど離れたストレッチでキャッチ。一か月弱しか経ってませんが、ヒレが綺麗になってたり、逆に病気みたいになってる部分もある。今も生きているだろうか~




次、これも中江川。2014年4月30日と6月13日。47cm。

IMG_20140430_093015660 (480x640)

IMG_20140613_075122788 (480x640)

IMG_20140430_093721378 (640x480)

IMG_20140613_075455402 (640x480)

ちょっと傷が増えてます。しかしブリブリなのはいつでもブリブリって事が分かります。
お腹にベイトが詰まっていれば太いという訳でもなさそうです。




そして最後は最近のこれ。大江川最下流。2015年4月24日と5月15日で41cm。

t2pix_20150424-225341 (480x640)

t2pix_20150515-223434 (480x640)

20150424_064744 (640x480)

20150515_071809 (640x480)

このバスはボディの丸い傷。割れた尾びれですぐそれと分かった。気のせいかよく見るとお腹が少し膨らんで、捕食してるようにも見える。
また元気に生き延びて竿を曲げて欲しいものですね。。。




キャッチ&リリースが当たり前のようになったブラックバス。まあ琵琶湖の様にリリ禁の場所もありますが・・・
感謝しつつも、他に何も考える事無くリリースする人がほとんどだろう。




よしんこもその一人です。それにキャッチ&イートはしません。
その後は生きてるんかどうなるのかなんて普通は考えないですよね。




でも今回は、その後をいろいろ考えてみる。気になるのはリリース後のバスの生存率。




バスが火傷するので、コンクリート直置き禁止とかはみなさんやってるいたわりの一つですよね。
あとリリースの際、エラに酸素を送るため、水中で前後にゆすったり・・・




あとは経験を増やし、フックを飲まれない様にする事。太いラインでブレイクを防ぐ事。
あとはあまりいないかも知れませんが、トラウト・ナマズ・雷魚などに多いバーブレスフックにしたりと、釣る側からしてみればたくさん出てきます。




究極は釣れないことw がバスにとって一番良いかも知れませんが、たいていのバサーは釣りたいが為にいろいろ努力します。自分もそうですw




「しかしこんな行為、バサーの身勝手な優しさだと。本当に魚をいたわりたかったら釣り自体やめろ!!」
魚釣りでよくなる極論ですね。




賛否両論あるキャッチ&リリース。本当に偽善的行為なのか?
確かにキャッチ&リリースは釣る側。バサーの単なる自己満足かもしれない。




釣るためにバスを減らさない種の保存のためのリリース。あるいは単純に釣った後は食べないし不要だからリリースはちょうどいい。という2通りの理由だろう。
完全にリリースが禁止になったらバサー人口は激減するだろうね。




(バスよりデリケートだとされるトラウトのキャッチ&リリースは割愛します。)




リリース後のバスの生存率。これは様々な意見があり、半分は死んでしまうとか、60%位だとか・・・
はっきりしたソースは得られませんでしたが、色々参考文献をググってみた。




「オオクチバスの空中曝露後の生存率」
https://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/71.pdf#search='%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E6%9B%9D%E9%9C%B2'
これを見ると、「曝露20分以内では気温32℃でもへい死しないことが確認された。
このことから、本種の再放流後の多くが生存していることが示唆された。」




とある。これはバサーにとって嬉しい研究結果だが、これは残念ながらバスがフックに掛かった事は想定していない。
あくまで水の外に出して放置した結果です。




フックの掛かり方にもよりますが、飲まれて出血した魚は逃がしても死んでしまうと自分は思います。
エラから流血したバスを平気でアップしてる人がたまにいますが信じられません。




これは経験を積めば、飲まれることはある程度防ぐ事が出来ます。絶対ではありませんが。




あとフッキングの場所にもよりますが、水カビが生えて死に至るとか・・・




よしんこはブログやってる都合上、口に針を掛け、釣り上げてバスに撮影さしてもらってます。
今の所、バラしたくないのでバーブレスフックにする気もありません。
ブログやってない人も似たような感じだと思います。




もちろんバスが暴れて撮り直しで時間を掛けてしまう事もあります。
その分はただただバスに感謝するしかありません。感謝することは忘れた事がありません。




リリース後の生存率は意外と高いのでは?そう思いたい。当然バスも野生の生き物。自然治癒の力はある。
経験上、3本のバスがリリース後生きていた事が分かったしね♪ 再リリース後も元気で生きて欲しいと願う。




特定外来生物であるブラックバス。何かと風当たりのきついバスフィッシング。
これからも長く続けていきたい。そのためにはバスが居ることが大前提。




バスが居なければ困るのは自分たち。バスが居ない水面に金を投げる様なもの・・・




あとはバサー、一人一人が気を付けゴミなど出さず、クリーンな釣り場を維持して行きたい。
そうすればバスフィッシングも世代を越えて20年後、30年後と続いていくんじゃないかな?




一生モノの趣味に出逢わせてくれたブラックバスに感謝(^^ゞ





テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

よしんこ

Author:よしんこ
2017年スタート!!
初バスは50アップをキャッチ(*^^)v
今年もいろいろなフィールドで楽しみます♪

ツイッターもやってます♪ @yoshinko_bass
ブログにアップしてない画像や、釣行時のリアルタイムなつぶやきがありますよw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
アブガルシア
アブガルシア
OFFICE ZPI
ZPI”
アベイル
アベイル
SHIMANO
EVERGREEN
エバーグリーンインターナショナル
釣りビジョン
釣りビジョン (75x52)
「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」
「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」 (125x40)